ボトックス注射に挑戦する【さまざまなアンチエイジング効果】

事前のリサーチが重要

注射

痛みの少ない治療を工夫

ボトックス注射治療はさまざまなアンチエイジング効果や美容効果があり、メスを使わないプチ整形として女性を中心に話題になっています。ボトックス注射治療は表情しわの改善や顔やふくらはぎを細くする美容効果があります。美容以外にも顔面痙攣や多汗症の治療など病気の治療にも活用されています。初めてボトックス注射治療を受ける時はいろいろとリサーチして知識を得てからクリニック選びをするのがおすすめです。特にアフターフォローやサポート、保証制度がしっかりしているクリニックを探すようにしましょう。費用の安さだけを重視してクリニック選びをすると、トラブルが起きたときの対応が不誠実だったり、不十分であったりする可能性も考えられます。また、ボトックス認定医療機関であることや国に認可された薬剤を使用しているかどうかも判断基準になります。良心的なクリニックはホームページに薬剤について明記してありますが、不明な場合が予約のときに確認するようにしましょう。美容クリニックのなかには保険診療と自由診療の両方を行っているところもあります。ボトックスで脇汗を止める治療はいくつかの条件にあてはまり、医師が判断した場合保険適用となるケースがあります。日常生活に支障をきたすほど脇汗に困っている方は保険診療のクリニックで相談するのがおすすめです。保険適用されると費用が2〜5万円ほど安くなることがあります。ボトックス治療は注射針に薬剤を入れて注入する施術方法なので、針を肌に刺すときに一瞬チクッとした痛みがありますが、ほとんどの場合我慢できる程度の痛みです。しかし、ボトックス治療は筋肉が発達している部位や脂肪が少ない部位は痛みを強く感じる場合もあり、注入部位によって痛みの度合いが変わってくることがあります。美容クリニックでは痛みを抑えるために専用の極細針を使用しているケースが多いです。ボトックス治療で使用される専用の注射針は一般の注射針よりも細いので、痛みや内出血を抑えられるという特徴があります。注射が苦手な方は予約をするときにホームページや電話で使用している注射針が何か確認してみると良いでしょう。また、ほとんどの美容クリニックでは施術前に麻酔クリームや麻酔テープ、局所麻酔などで処置をするなど痛みを緩和させる対策をとっています。ブロック麻酔や笑気麻酔を使用している美容クリニックもあるので、痛みに弱い方は医師に相談してみるとよいでしょう。美容クリニックでは注入部位をアイシングで冷やしながらゆっくり注入するといった痛みを軽減させる方法をそれぞれ工夫して行っています。アイシングには腫れや内出血を抑える効果もあるので、多くのクリニックが取り入れています。

Copyright© 2018 ボトックス注射に挑戦する【さまざまなアンチエイジング効果】 All Rights Reserved.